CODEAL

message

代表者挨拶

  • avatar_atago

    最高経営責任者(CEO)

    愛宕 翔太 / Shota Atago

    2012年8月9日。

    この日は社内で、通称ハック(8と9にちなんで)の日と呼ばれています。この日はコデアル株式会社の創業日です。 コデアル株式会社は、ハッカー文化が根付いている会社です。

    私たちには
    「テクノロジーで世界はもっと素敵にできる」
    というビジョンがあります。

    私たちには
    「すべての人にリモートワークを」
    というミッションがあります。

    私たちは
    「これまでになかった最高の製品で、最高の体験を」
    届け続けます。

    コデアル株式会社が生み出すサービスは、他社のモノマネではなく、これまでにはなかった切り口で、新しい体験を提供するものでありたい。そして人々に心から喜ばれるものでありたいと思っております。

    これからのコデアル株式会社の活躍にご期待下さい。

ビジョン

「テクノロジーで世界はもっと素敵にできる」

ミッション

「すべての人にリモートワークを」

価値観

「コデアル船中八策」

  • 01
    これまでになかった最高の製品で、最高の体験を。
    Nobody has ever seen the best product nor the best experience.

    サービス、商品にビジョンがなく、そのとき流行っているものにとりあえず手を出してみる。そういうことをコデアルはしません。

    流行っているものがあったとしたとき、そのサービスや商品は、ユーザーに対して、本質的にどんな価値を提供しているのか?を考え、突き止め、求められるものをつくっていく。常に根源的に考えるのです。

    具体例を挙げましょう。車が提供する価値はなんでしょう?移動手段?お金持ちであることを誇示するためのシンボル?

    その車を買うことで、お客様がどんな価値を買っているのかが大切です。

    移動手段として車を買っている人もいれば、その車に乗れるステータスの人間だと見てもらえる価値を買っている人もいるのです。

    パクりはやらない。私たちはこれまでになかった最高の製品で、最高の体験を届けることにこだわり続けます。

  • 02
    好きな人と、好きなときに、好きなことを。
    With people you like, at any time, what you like.

    好きな人と、好きなときに、好きなことができる。

    これこそがコデアルが考える幸せです。

    私たちは人生において最も長い時間を占める「働く」という体験を、好きな人と、好きなときに、好きなことができるものにしたいと考えています。

  • 03
    空気を読むな。時代の流れを読め。
    Don’t read between the lines.
    Read today’s trend.

    空気を読むな。時代の流れを読め。 会議や商談の場において、みんなの意見に同調する。当たり障りのないことしか言わない。そんなものは必要ありません。年も経験も関係ない。

    その場において、自らの意見、考えを明示することで、その話の場が意味のあるものになります。

    空気は読めるけれども、読まない。空気を読めないのと読まないのは違います。

    人に喜ばれるものを生み出す上で、空気を読めることは大切なことです。空気は読めて、読まないことに価値があります。

    時代の流れを読み、今世の中の人達がどんなものを求めているのか?どういう価値観が世の中に浸透していく気運があるのか。

    それを鋭敏に感じ取り、製品やサービスに反映させていくことが大切なのです。

  • 04
    優れた小さな組織で大きな仕事を。 怠惰であれ、短気であれ、傲慢であれ。
    Excellent small team accomplishes a big project.
    Be lazy, be impatient, be hubristic.

    従業員数が多い。自社ビルを持っている。売上金額が大きい。

    それらが価値である時代は終焉を迎えています。これからの時代は持たざることが武器になる時代です。

    コデアル株式会社は、少数精鋭、仕組みを生み出すような集団です。仕組みをつくる集団であるからこそ、少数で大きな仕事を成し遂げることができます。

    早く仕事を終えるのがエライ。楽できる仕組みを作り、さらに新しい製品を形にしたり、いろんな体験をすることに時間を使えるようにする。とりあえず職場にいて、仕事をしているフリをすることに意味はない。

    少数精鋭、体ではなく、頭に汗をかく。

    それがコデアル株式会社です。

  • 05
    世界へ挑む。
    Go global.

    コデアル株式会社では、事業を立ち上げる際に、最初から海外展開を意識した上で、事業展開していきます。また海外に支社を積極的に開設していきます。

    少数精鋭の海外支社が欧米各国、アジア各国にあり、各オフィスを社内のメンバーは毎月移動して、仕事をしているような仕事スタイルを実現していきます。

    国内のみに安住する。そんなのかっこ悪い。

    また海外市場に進出するのだから、コデアルのメンバーにはもちろん外国籍のメンバーも数多く在籍しています。

    リモートワーク、グローバルワークをコデアル株式会社は推奨する会社です。

  • 06
    技術で人を幸せに。
    Hack for world.

    その技術は誰のためのものなのか?人を幸せにしない技術に存在価値はありません。

    初めは自分が使いたいといった興味本位に始まるかもしれません。

    しかし、その後につなげていくときは、決して自分本位ではなく、自分以外にそれを求めている人がいるのか?いるとすれば、どういう人達の役に立てるのか?を常に意識していく。

    この考え方こそがコデアル的発想です。

  • 07
    失敗は成功のための布石。
    Failure is a stepping-stone to success.

    失敗は成功のための布石。 一回失敗した。そんなものは失敗とは言えません。勝利への明確な道筋を描けているのであれば、絶対に諦めてはいけません。失敗し、学び、即実行。その繰り返し。

    根本的にやっていることが間違っている場合以外、諦めてはいけません。成功するまで怖じけづくことなく、チャレンジする。ただし根本的にやっていることが間違っていると気がついたのであれば、即撤退。

    それがコデアルのやり方です。

  • 08
    即実行、即改善。
    Execute immediately, improve immediately.

    即実行、即改善。 あとでやります。これはよくありません。

    気づいたらすぐやる、必ずやる。そして気づきをもとに、またすぐやる、必ずやる。の繰り返し。

    後回しほど不毛なことはありません。すぐにやらなきゃ気持ち悪い。自分が気がついているのにそれを口外せず、動かない自分ってかっこ悪い。

    かっこよくありましょう。

Go to top