面接を受ける上での心構え

面接を受けに行く上で、必ず覚えておいて欲しい心構えをお伝えします。

企業から何を求められているの?どんな条件で採用されるの?

CODEAL(コデアル)に求人を掲載している企業は、自社だけでは解決できない技術的課題を、即戦力となるエンジニアの方々に解決をしてもらうために募集をしています。そのためこれまでの豊富な業務経験を元に、短時間でも成果を出してもらうことを期待されています。

自分の希望どうこうというよりは、企業が募集をかけているスキルについて業務での貢献ができるか、短時間であってもアウトプットを出すことができるかという点にについて明確に答えられる方だけが採用されます。つまり採用されるのは、原則自分がこれまで業務で経験してきたプログラミング言語の求人だけになります。

何を求められているのかを理解した上で、自分ができる点を整理しておきましょう。

自分の希望ばかり伝えるのは絶対にNG

また面接をする際に良くあるミスとして、「相手の要望を全く考えず希望だけを伝えてしまう」ということがあります。例えば、

  • 都内にいるけれども、面倒臭いので完全リモート、チャットのやり取りだけで対応させて欲しい
  • 業務を通じて新しいプログラミング言語の経験を積みたい。全く経験は無いけれども、とりあえずHaskellを触らせて欲しい

といったご自身の希望だけを伝えてしまうと、間違いなく不採用にされてしまいます。

このような希望をお伝えするのは確かに自由です。単純な転職活動であれば一部の要望を叶えることも企業は検討するでしょう。しかし、何のために企業がリモートワーク可の求人を掲載しているのかを考えれば、こういった要望を伝えることがいかに相手の心象を悪くするかがわかるはずです。

企業が解決しようとしている課題に、自分であればどのように解決できるのかを伝える

企業が見ていることを端的に言ってしまえば、

  • 自分たちが困っている課題をどのように解決してくれるか
  • どれだけ柔軟に協力してくれる姿勢があるのか(実働時間を長くしてくれるのか、昼間でもチャット上で質問に対して即レスをしてくれるのか、定例会議への参加をしてくれるのかなど)

だけです。自分の時間を使っていかに企業の課題解決に貢献できそうか、これまでの実績を元に解決策を提示することができれば、自然と企業の方から採用のオファーを出してもらえるはずです。

いつでも・どこでも・高報酬で働けるという利点が確かにCODEAL(コデアル)にはありますが、仕事を受けるためにはそれに見合うだけの責任が求められます。相手の目線に立って話をすることを忘れないようにしましょう。

この記事は参考になりましたか?わからなかった場合、すぐに質問することができます。
チャットで質問する
最近の投稿