Q. 業務委託契約後、正社員転職する可能性はあるの?

A. 転職意欲ありにチェックをつけている求職者であれば、トライアル期間開始日から6ヶ月以内に転職可能性があります。

1. 正社員として働いている求職者がエントリーをする場合(副業の求人タイプでのご応募)

トライアル期間開始後、6ヶ月以内を目安に転職をされる可能性がございます。

具体的には、

  • 3ヶ月業務をしてみた上で、転職することを決意する
  • 3ヶ月かけて、退職手続きを完了し、貴社に転職をする

となります。CODEAL(コデアル)経由で実際に転職をされた方々は、業務開始1ヶ月では転職を決意せず、3ヶ月程働いてみてようやく転職しても問題ないと判断ができるようになるとおっしゃっています。1ヶ月だけでは業務に慣れるのに精一杯で、会社の社風が自分とあっているのか、他の社員の方々と一緒に仕事を勧めていく上で問題がないか、自分のスキルと照らし合わせてアウトプットを出し続けることができそうか、といった判断まではできないためです。

また、転職をされると決意いただいた後も平均3ヶ月、退職までに時間を要しています。その為合計すると6ヶ月程転職までに時間がかかることになります。

3ヶ月働いた上で、転職するかどうかの判断をして欲しいと伝えるとベター

業務を始められる前(例えば面接時)からいきなり転職のオファーを提示することは控えたほうが良いでしょう。求職者の方々はあくまで「働いてみてから転職するかどうかを判断したい」と考えているからです。

会社の状況について何もわからない状態で、求職者の方に転職のオファーをすることとなるため、まず辞退をされてしまいます。

「お互いにマッチするかどうか、ぜひ一緒に働いてみた上で判断ができればと思います。弊社としては転職いただけると嬉しいのですが、流石に今の段階では判断ができないと思いますので、3ヶ月働いてみた上でご意向を教えていただければと思います」

というように、一緒に働くことを決めてもらった後で、転職をしてもらいたくなるような働きかけをすることが良いでしょう。

将来転職する意欲がある求職者だけを募集するには?

案件の編集画面を開き「転職意欲」を”必要”にして案件を公開しましょう。そうすれば条件に合致する求職者だけにエントリーをしてもらえます。

※CODEAL(コデアル)で弊社担当からご紹介を差し上げる際には、必ず将来の転職意欲の有無について確認をした上で情報共有をさせていただいております(原則3ヶ月で転職判断、3ヶ月で退職対応を取れる方が対象)。意欲がある方だけを限定して採用したい場合には、ご紹介時にその旨お伝えいただけますと幸いです。

2. フリーランスとして働いている求職者がエントリーをする場合

フリーランスの場合、残念ですが転職の可能性はほぼないと考えてください。正社員では難しい自由な働き方や報酬体系に魅力を感じてフリーランスになられた経緯の方が多く、就業条件に制約がでやすい正社員に今更戻りたくないと考えているためです。

※稀に、主婦のフリーランスの方が応募をされた場合、時短勤務をある程度認めてもらえる、リモートワークについても柔軟に対応いただける、という条件が付与できれば正社員として転職をしていただける場合もあります。

この記事は参考になりましたか?わからなかった場合、すぐに質問することができます。
チャットで質問する
最近の投稿