エースチャイルド株式会社で運営されているサービスについて教えてください。

Filii」という自社サービスと、開発の請負を幅色く対応させて頂いています。Filiiについてですが、こどものネット上での活動を見守りできるサービスです。昨今、子供のネット上でのトラブルが問題となっています。Filiiは、例えばLINEやTwitterのダイレクトメッセージのような、見ない部分の見える化を行うことでトラブルを防ぐという、他にはあまり類を見ないサービスとなっています。

自社サービスFiliiにおいて、どのような技術を使われていますか?

Ruby on Railsで開発をしています。インフラ周りはHerokuとAWSを使用しています。コミュニケーションはChatWorkで行い、GitHubのissueとTrelloでタスク管理を行っています。Trelloでは、開発メンバーとビジネス職とでボードを分けているのですが、連携することもあるので、全員参加はしているという形式です。

コデアルで採用した方の仕事内容と報酬について教えてください。

Filiiのタスクをお願いしています。Railsをやりたいということで参画頂いているので、基本的にはRailsをやって頂いていますが、稀にAndroidやiOSアプリのタスクをお願いすることもあります。1時間あたり2500円、週3回の契約となっており、タスク状況に応じて多少増減があり、それに応じた報酬をお支払いしています。コデアルのサービス経由の方で、すでに1年ほど開発に携わって頂いています。

コデアル経由で採用した方への仕事の依頼の仕方について教えてください。

コデアル経由で来られているMさんはほぼ完全にリモートでお仕事をお願いしています。隔週の水曜日、午後4時~5時に、Trelloのタスクをベースに棚降ろし会をSkypeでやっています。弊社は基本的に正社員も含めて全員リモートで作業をしているため、この定例にはMさん以外のメンバーも参加しています。 この棚降ろしMTGの時間は、参加メンバーの希望で決めました。人数は6名前後です。デザイナーさんなど、スポットで対応する方もいらっしゃるので多少増減しています。

リモートワークへの切り替えのきっかけはありますか?リモートワークでの問題点や、その解決策があれば教えてください。

弊社では、基本的に正社員も含めて全員がリモートで作業をしています。リモートワークに切り替えたタイミングですが、請負の仕事が切れたタイミングがあり、資金的にも余裕があったため、自社サービスの開発に注力すると同時に働き方も新しいものを模索していこう、というのがきっかけでした。

リモートに切り替えた当初は問題もありました。まず、メンバーから寂しいという話があって(笑) 一人きりでやっている感じがすると言うんですね。ですので、隔週でMTGを入れるようにしたのですが、それでも足りなくて現在では毎週1回出社日を決めてMTGをしています。また、過去に1度起こった問題として、技術的な問い合わせに対して、担当の人間が昼頃まで連絡がつかないということもありました。基本的には成果が出て来れば良い、というスタンスではあるのですが、やはりコアタイムの間は必ず連絡がつくようしなければならないですね。

コデアル採用者の良かった点や、今後のコデアルに望むことがあれば教えてください。

採用した方はもう1年ほどご一緒にお仕事をさせて頂いていますが、本当にスキルが高く良い方だったので助かっています。改善点は特に思い浮かばないですね。強いて言えば、人手が欲しい時に簡単に採用したいニーズを伝えられるような仕組みがあると良いですね。リモートでやれる仕事はたくさんあると思っていて、必ずしも会社に集まらなくて良いと思っています。コデアルさんには、そういう新しい働き方ができる方をもっと集めていただきたいです。今後のさらなるサービスの改善を期待しています!

掲載のお問い合わせはこちら

カテゴリ