こんにちは。コデアルCTOの川原です。前回の2017年4月21日のリリースノートからの差分情報をお知らせします。

avatar_kawahara
半蔵門ランチでは、はとりが家庭的でおすすめです。

求人作成画面に最新情報が掲載されるようになりました

今回のリリースで、採用担当者へ向けた最新情報をログイン直後に表示される「求人作成画面」から確認できるようになりました。

ここでは、最近のリリースや、メンテナンスに関する情報を確認することができます。

組織情報の編集ができるようになりました

今までは、コデアルのカスタマーサポートを通じて組織(企業)情報の編集を行っていましたが、採用担当者の皆様がご自身で組織情報の編集を行えるように鳴りました。

組織のロゴや、住所情報などもこちらから編集ができます。

* 組織名・サービス名に関してはこちらから変更することができません。コデアルカスタマーサポートまでご連絡をお願いします。

その他細かい修正

  • 応募管理画面にステータス変更のヘルプへのリンクを掲載

この先のリリース予定

今後の採用担当者向けの開発予定は以下のようになっております!

  • スカウトメッセージ管理機能 (採用管理への統合)
  • 採用管理をより使いやすく変更

しばらく採用管理回りに手を付けていく予定です!適宜ユーザヒアリングを行っておりますが、それ以外でも「ちょっと言いたいことがある」「バグを見つけてしまった」という場合は、こちらからお知らせいただけますと開発の励みになります!

ご相談・バグ報告はこちら

コデアル開発コラム: ツール紹介 esa.io

コデアルでは、元々 Qiita:Team を利用していたのですが、去年の春にこんなツールを作ってまで esa.io へ引っ越しました。Qiita:Team も素晴らしいプロダクトだったのですが、並行して使ってみた結果、こちらのほうが自分たちに合っているということで乗り換えを決定しました。

ここが素晴らしいesa.io

  • ドキュメントが階層構造でわかりやすい。
    • 前回のAsana紹介でもあったのですが、コデアルでは Slack のチャンネルをあらゆる分類に適用している。esa.io では、/ で区切ることでドキュメントの階層を作ることができる。
    • コデアルでは、以下の様にSprint単位での分割を行っている。

  • 外部公開機能が便利
    • 勉強会や、NDA結ぶ前に見せる必要のある文面をURLで共有できる
  • ロゴがかわいい
    • かわいい
  • 当初Qiita:Teamより安かった
    • コデアルのような少人数での運用だと、やはり今でも安い。esa.io は今のところ、500円/人。

 

最近の投稿