こんにちは。コデアルCTOの川原です。前回の2017年5月9日のリリースノートからの差分情報をお知らせします。

avatar_kawahara
AWSへの移行が完了したので引越しそばを食べに行きました

不採用・辞退の状態になってもメッセージのやりとりができるようになりました

今までは、辞退・不採用後に関してはメッセージのやりとりが出来ないように凍結される仕組みとなっていました。
企業様によっては、「他の求職者を採用した」といった、不採用の理由を明示したいとの声がありました。

今回の変更により、辞退された後や、不採用通知を行った後であってもメッセージのやりとりが可能になりました。

ステータスフィルタの項目をシンプルにしました

今ままでは全てのステータスがフィルタに並んでいた状態だったので、フィルタの仕組みとしては選択肢が多く使いづらいものでした。

今回のリリースで、フィルタの選択肢が4つに絞り込まれました。

従来までの項目 = 多くの項目がある状態

新項目 = シンプルになりました

スカウトメッセージを管理できるようになりました

採用管理から送信したスカウトメッセージを管理できるようになりました。

スカウトメッセージに求職者様からの返事がつくと、自動的に応募された状態と同じように面接日の調整を行うことができるようになります。

求職者はスカウトを受け取ると、スカウトの辞退をするか、メッセージの返事をするかを選べます。

案件編集画面の転職意欲の入力方法が変更されました

従来まで、チェックボックス方式で「転職意欲あり」を設定していました。
* 「転職意欲」についてはこちらをご確認ください。

「転職意欲」についての入力の方法が、作成される案件の情報と同様に「どちらでもよい」「必要」の2択から選択する方法に変更されました。

この先のリリース予定

今後の採用担当者向けの開発予定は以下のようになっております! 次回は開発基盤の調整もあり、7月中旬〜末のリリースを予定しております。

  • 案件の新規作成・編集画面の改良
  • 採用管理をより使いやすく変更

適宜ユーザヒアリングを行っておりますが、それ以外でも「ちょっと言いたいことがある」「バグを見つけてしまった」という場合は、こちらからお知らせいただけますと開発の励みになります!

ご相談・バグ報告はこちら

最近の投稿