Q. 見送りにする際に求職者様に見送りにした理由を伝える必要はあるのでしょうか?

A. 法律上伝える必然性はありません。ただ御社と話をする、短期間でも一緒に仕事をすることに時間を投資してくれた求職者様に「見送り」にした理由を添えて、メッセージを送っておくと、また別のタイミングで一緒に働く機会を得ることができる可能性が高まります。

ワーキングリクルーティングサービス「コデアル」では、一度一緒に働いたというご縁をその後も大切にしていただきたいという考えを大切にさせていただいています。そのため、「不採用」ではなく、「見送り」という言葉を使わせていただいています。

「今は予算の関係で求職者様の受け入れができない」

「ちょうど他に1名入社が決まっていて、他の職種の採用を優先したい」

「マネージャーの採用が決定した後に、受け入れをしたい」

などなど、今は受け入れのタイミングではないが、今後別の機会で受け入れをするかもしれない。そんな時に「見送り」の理由を忙しい中でも一言添えておくと将来の採用活動にプラスに働くことでしょう。

この記事は参考になりましたか?わからなかった場合、すぐに質問することができます。
チャットで質問する
カテゴリ