Q. コデアル(CODEAL)のスカウト機能の利用方法を教えてください。

CODEAL(コデアル)では、スカウト機能を使って求職者様に連絡をし、一緒に働いてみる提案をすることが可能です。スカウト機能は、CODEAL(コデアル)を企業担当者としてご登録いただいている方のみ利用可能な機能です。CODEAL(コデアル)のご利用ご希望の企業様はこちらよりお問い合わせください。

スカウト機能の基本操作方法

画面右上のアイコンをクリックして、「スカウト」を選択しましょう。

上記のようにスカウト画面に入れたら、スキルや拠点などの検索軸で、一緒に働いてみたい求職者様を探すことができます。

複雑な掛け合わせでの検索条件指定も可能

スキルの検索と職務経歴に記載されているキーワードを基に、複雑な掛け合わせ検索も可能です。例えば、「ソーシャルゲーム開発の経験があるPythonエンジニア」を探したい場合には、下記のように検索をしていきます。

 

  • スキルに”Python”、職務経歴に”ソーシャルゲーム”を入力して検索

 

  • 条件に合致するハイスキルエンジニアが出てきます。

 

  • その後は、「スカウトする」を押してメッセージを送付します。

また、スカウト機能では、「希望する就業タイプ」「転職意欲」の有無を選択して検索することができます。「転職意欲」に関しましては「Q. 求職者のページ内にある「転職意欲あり」ってどういう意味?」のページでご詳細を記載しておりますので、ぜひご参照ください。

転職意欲がある求職者は、8人に1人の割合になります。そのため、まずは転職意欲にこだわらず、より一緒に働いてみるという機会を広げてみることをコデアルカスタマーサクセスチームでは推奨しています。その場合には、「希望する就業タイプ」を「指定しない」かつ「転職意欲」を「どちらでもよい」にして検索をかけると、多くの求職者様とまず働いてみることが可能になります。

この記事は参考になりましたか?わからなかった場合、すぐに質問することができます。
チャットで質問する
最近の投稿