CODEAL(コデアル)のご利用方法について紹介しているページです。

A. 法律上伝える必然性はありません。ただ御社と話をする、短期間でも一緒に仕事をすることに時間を投資してくれた求職者様に「見送り」にした理由を添えて、メッセージを送っておくと、また別のタイミングで一緒に働く機会を得ることができる可能性が高まります。 ワ…
この記事を読む >
A. 可能です 過去に面接をした求職者の中で、タイミングが合わずお見送りとされていた求職者がいた場合、採用管理画面から改めてご連絡をすることが出来ます。 下記の手順に従ってご連絡をしましょう。 採用管理画面に移動し、左側のプルダウンメニューから、…
この記事を読む >
A. 仕事の任せ方を工夫すると同時に、仕事を通じて会社のミッション、価値観を共有してみましょう 仕事の進め方としては、以下のような仕事の進め方を推奨しています。 1. 開発環境構築、仕事で使っているツール(Asana,Slack,GitHubなど)の使い方を共有しましょ…
この記事を読む >
A:まずは業務委託契約で3ヶ月働いてみた上で、転職するかどうかの判断をしてほしいというオファーを出しましょう。いざ転職(雇用契約)をしてもらう場合には、フリーランスの方には業務委託契約時の契約金額の70-80%程の年収で、副業の方には転職前の年収をベースに…
この記事を読む >
A:業務として半年以上他メンバーのタスクマネジメントや、詳細設計をして他メンバーへのタスクの振り分けを行った経験があることを指します。 求職者様のポートフォリオにて「チームリーダ経験」の有無を確認することができます。’ 以下いずれかの条件に当てはま…
この記事を読む >
A:最低でも週1日はリモートワークができる日を設けることを推奨しています。 CODEAL(コデアル)は、多くの求職者様にリモートワークができるサービスであることから、ご登録いただいております。 またCODEAL(コデアル)を開発している、CODEAL(コデアル)株式会社…
この記事を読む >
A:業務委託契約期間から雇用契約に切り替わった後でも最低週1日はリモートワークができる日を設けることを推奨しています。 業務委託契期間中は週1日出社であった場合、雇用契約に切り替わったタイミングで 正社員としてより綿密に関わっていくことが必要になるので…
この記事を読む >
A:どんな求職者をコデアルカスタマーサクセスチームから紹介してもらいたいか?を就業条件備考にできるだけ具体的かつ正確に書きましょう。 貴社の開発環境や開発体制、求職者様に求めるこれまでのご経験などを書いておくと、より貴社が求める求職者様の応募につなが…
この記事を読む >
A:求職者様に「気になる!」を押したということが通知されます。 コデアルのスカウト画面から「気になる!」を押していきましょう。「気になる!」を押すことで、求職者様の応募を促すことができます。 すると下記の通知が求職者様に届きます。
この記事を読む >
A:採用担当者招待のページから他のメンバーにご登録案内メールを送ることで見せることができます。 まずは、画面右上のアイコンから「採用管理」を押し、採用管理画面に入りましょう。 次にページの右上にあります「採用担当者招待」をクリックします。 …
この記事を読む >
Previous
Next
最近の投稿