採用担当者様向けにCODEAL(コデアル)の案件作成に関する利用方法や質問について紹介しているページです。

A. 最初の5日間で4名の面接実施者の目処を立てておくとうまくいきます CODEALでは、まずは1名の求職者に働いてみてもらうことを目的にサービスをご利用いただいております。CODEALを用いて実際に採用に成功した企業様の事例を基に説明を致します。 具体的には、下…
この記事を読む >
A. 限定公開のステータスの求人案件に対して、求職者は応募することができます。ただし、限定公開ステータスの求人案件は、検索エンジンには引っかかりません。求人案件のURLを知っている人のみがその求人案件情報を見ることができます。
この記事を読む >
A. エンジニア以外の職種でも求人案件を作成、公開することができます。ただし、2017年7月時点では、エンジニア、デザイナー、ディレクター以外の職種に関してはまだあまり応募がございません。 コデアルはもともとエンジニアに特化したワーキングリクルーティングサ…
この記事を読む >
A. できません。即戦力エンジニアの方は仕事を見つけることには全く困っていないため、まず働いてみるから入ることで御社への将来的な転職につながるためです。 コデアルは、まず一緒に働いてみる体験を大事にしている「ワーキングリクルーティングサービス」です。ラ…
この記事を読む >
A. 掲載できません。最低でも週1日はリモートワークができる日を設けることを推奨しています。そうすることで、即戦力の求職者様の採用が可能です。 CODEAL(コデアル)は、多くの求職者様にリモートワークができるサービスであることから、ご登録いただいております。…
この記事を読む >
A:どんな求職者様に応募してもらいたいか?を就業条件備考にできるだけ具体的かつ正確に書きましょう。 貴社の開発環境や開発体制、求職者様に求めるこれまでのご経験などを書いておくと、より貴社が求める求職者様の応募につながります。 また、「就業条件備考」…
この記事を読む >
A. 採用管理画面から求人掲載を再開いただけます。 ご掲載時にご利用いただいていたアカウントから、ご掲載を再開いただけます。下記手順に従って掲載を再開しましょう。 まずは、ログインページからログインし、画面右上のアイコンから求人・採用管理をクリックし…
この記事を読む >
コデアルの採用管理画面より、公開停止したい求人案件情報のステータスを「公開」に変更すると、求人原稿を公開し、求職者の募集を開始することができます。 具体的な操作方法については、Q. 求人原稿の作成は、どのように行えば良いでしょうか?をご覧ください。 …
この記事を読む >
コデアルの採用管理画面より、公開停止したい求人案件情報のステータスを「募集停止」に変更すると、求人原稿を停止することができます。 もし操作方法がわからないなどございましたら、agent@codeal.asia までご連絡ください。
この記事を読む >
A. コデアルの採用管理画面からいつでも公開、公開停止の設定を行うことができます。 1. 求人案件作成ページに移動します 2. 求人案件作成ページで必要な入力項目を入力していきます [必須]案件タイプ 副業[週1-2] フリーランス[週2-3] フリーランス[週4-5]から…
この記事を読む >
Previous
Next
カテゴリ