CODEAL(コデアル)のご利用方法について紹介しているページです。

A. 契約時に実働時間に幅を持たせる形で契約を行っていた場合には可能になります。 具体的には、月40−60時間を稼働時間としておき、時間に応じて精算を行う形式にしておきます。そちらに加えて、前月までに来月の実働時間の目安を企業の担当者の方へ共有→調整を行うと…
この記事を読む >
A. 平均は半年となります。 短いものでは3ヶ月程度、自社サービスの開発に関わる場合には1年以上の長期に渡る場合が多いです。
この記事を読む >
A. 不明点が出てきた瞬間に、企業内で利用されているチャット及びビデオ通話システムを使って連絡しましょう SlackやGitHubのIssue内で疑問点を確認する、それでも解決できない場合にはappear.in等のビデオ通話ツールを用いて解決する、といった方法でコミュニケーシ…
この記事を読む >
A. ありません。ただし面接時の見た目の印象はまず一緒に仕事をしてみようとなるか?に大きな影響を与えるのは事実です。 コデアルは、リモートワークの求人サービスであり、働くをもっと自由にしようというコンセプトを大事にさせていただいているサービスです。 …
この記事を読む >
A. 可能です 個人としてではなく、法人格で契約をしたいといったお問い合わせをよくいただきますが、特段の事情がない限り基本的には契約の取り交わしを行えます。 CODEALでは、中抜きをしない方針を取っているため、企業様と2者間で契約の取り交わしを行っていた…
この記事を読む >
A. 業務を開始してから最初の30日間を指します。 CODEALでは、業務を開始してから最初の30日間を、「トライアル期間」としています。業務委託契約を結んだ企業が、本当に自分にマッチしているか、実際に業務をしてみて問題がないかをこの30日間で見極めていただくため…
この記事を読む >
A:まず案件情報に記載されている「歓迎されるスキル」を見ましょう。その上で、ご自身が業務経験のあるプログラミング言語、フレームワークと「歓迎されるスキル」が一致している案件に5つ以上応募すると採用される可能性が高いです。 ご自身が業務経験のあるプログ…
この記事を読む >
A:まずは業務委託契約で3ヶ月働いてみた上で、転職するかどうかの判断をしてほしいというオファーを出されることがあります。いざ転職(雇用契約)をする場合には、フリーランスの場合には業務委託契約時の契約金額の70-80%程の年収で、副業の場合には転職前の年収を…
この記事を読む >
A:企業様にはリモートワークできる頻度を週1以上認める求人案件のみ掲載いただいています CODEAL(コデアル)を開発している、CODEAL(コデアル)株式会社は「すべての人にリモートワークを。」のミッション実現のために設立された会社です。 CODEAL(コデアル)をご…
この記事を読む >
A:業務委託契期間中は週1出社であった場合でも、雇用契約に切り替わったタイミングで正社員として綿密に関わっていくことが必要になるので、週1-2出社頻度が増える可能性もあります。 案件の「就業条件備考」により詳細が記載されていることもありますので、確認して…
この記事を読む >
Previous
Next
カテゴリ