エンジニアフルリモート
クラス3

【エネルギー×IT】React Node.js TypeScript:エネルギー逼迫を解決するB2B自社サービス開発@フルリモート

【エネルギー×IT】React Node.js TypeScript:エネルギー逼迫を解決するB2B自社サービス開発@フルリモート

求人要件

コデアルクラス(役割の基準)
クラス3
依頼のもと自分からすすんで提案ができる
職種
エンジニア
業務内容
システム開発・運用
自社サービス
雇用形態
業務委託
報酬目安
550〜800万円/年
稼働時間目安
96〜160時間/月
はたらく場所
フルリモート
スキル
インフォメティス株式会社

インフォメティス株式会社

MISSION

エネルギーデータの恵みを世界中の人々に届ける

インフォメティスは最先端のAI技術でエネルギーデータの価値を導き、持続可能な地球づくりと人々の豊かな暮らしの両立を実現します。

VISION

エナジーデータ・エコシステムを生み出し、

エネルギーの超効率利用と人々のQoL向上を実現する

次世代エネルギーインフラの礎となる先端テクノロジーと、それを活用したデジタルサービスの企画、開発をしています。ハードからクラウドシステム、ユーザーアプリの開発に至るまでのIoTソリューション全体を開発し、家庭向けサービス事業者にデータサービスを提供しております。


エネルギー逼迫をデータから解決するB2Bサービス開発

インフォメティスは、元々ソニーから飛び出してきたAIベンチャーです。
独自の「IoT電力センサー」「家電分離技術」を競争力に、エネルギー「データ」から「家の中のライフスタイル」を見える化するB2Cサービスを企画開発・拡大してきました。

今回、B2B2Cのサービスに加えてB2Bサービスの立ち上げを進めており、これに参画して頂けるエンジニアの方を募集しています。

昨今、エネルギーの需給バランスが崩れてきた中、電力消費をデータ化・分析し、法人や消費者に行動変容を促すサービスが求められています。

開発して頂くサービスでは、需給逼迫する場面で法人や消費者に対して節電要請を行い、節電しなかった場合と比べてどの程度エネルギー消費を削減できたか、また、更に賢く節電を行うためにはどのような工夫をすればいいか提示することで、バランスの取れた電力供給を実現しようとしています。

営業・運用・企画メンバーと1つのチームを組み、同じ目線で議論しながらエネルギー問題を解決するプロダクトを作り上げることに興味をお持ち頂ける方、ご応募をお待ちしております!

募集職種

  • TypeScriptエンジニア

仕事内容(応募者のスキルセットに準じて配属)

  • React アプリケーションの設計、開発
  • アプリケーションのバックエンドNode.js開発
  • Google Cloud Platform上でのサービス構築・運用

技術スタック

  • 開発言語: TypeScript
  • 実行環境・フレームワーク:
    • サーバーサイド: Node.js, Express
    • クライアントサイド: React, Webpack, Babel
    • テスト: Jest
  • クラウド: Google Cloud Platform (App Engine, Cloud Run, Firebase, etc.)
  • コラボレーション: GitHub, Slack, Zoom, Google Workspace, Wrike, Figjam
  • CI: GitHub Actions

期待する知識, 経験, 人柄

  • 1年以上の実務開発経験(下記など)
    • 商用サービスでのWebアプリケーション、もしくはスマートフォンアプリの開発経験
    • 関数型プログラミングの経験
    • 技術スタックで挙げた技術群のうち少なくとも一つの開発経験
  • 自分が主体となって課題設定・解決を行い、自身の成長を感じたい
  • エネルギー・機械学習サービスに携わり、リアルに提供するサービスにモチベーションを感じる

働き方

  • フルリモート可です
    • アプリ開発チームは現在ほぼ全員が在宅で仕事をしています
    • 本社のある東京都から離れた地域に住むメンバーのリモート参画実績があります
  • プロダクトチーム内だけでなく、アプリ企画開発チーム全体で業務をサポートし会えるようなコミュニケーション設計に力を入れています
    • Slackの分報(個人つぶやき)部屋を作成し、困りごとの共有、雑談などを促進
    • コミュニケーション会を開催し、アプリ企画開発チームのメンバー同士での交流を促進(週1開催)
    • テックトーク会を開催し、アプリ開発者間でのノウハウ共有、技術力の底上げを促進(週1開催)
  • Reactの状態管理ライブラリ「Jotai」の開発者と一緒に仕事ができます
  • プロダクト志向のチームです
    • 開発者含め、チーム全体でプロダクトの方向性、機能を開発する意義を意識しながら、開発を行います
    • 要件定義の段階からプロダクトマネージャーやデザイナー、テスターなどと議論しながらプロダクトを作り上げます

SNSでこの求人をシェア