エンジニア採用・定着をお考えの採用担当者様向けの記事コンテンツです。

こんにちは。コデアルCTOの川原です。前回の2017年8月2日からの差分をお知らせします。 CTO川原。コデアルでは、redashを導入しました。AWS QuickSightを使う案も合ったのですが、OSSというのと多くのデータソースが使えるというのに惹かれました。 求人…
この記事を読む >
A. 最初の5日間で4名の面接実施者の目処を立てておくとうまくいきます CODEALでは、まずは1名の求職者に働いてみてもらうことを目的にサービスをご利用いただいております。CODEALを用いて実際に採用に成功した企業様の事例を基に説明を致します。 具体的には、下…
この記事を読む >
こんにちは。コデアルCTOの川原です。前回の2017年6月13日のリリースノートからの差分情報をお知らせします。 求職者向けの最新のリリースノートはこちら (2017年8月2日) CTO川原。流行りのVALU始めてました。ぜんぜんわからないぞ。一方VALUでやりとり…
この記事を読む >
A. 契約時に実働時間に幅を持たせる形で契約を行っていた場合には可能になります。 具体的には、月40−60時間を稼働時間としておき、時間に応じて精算を行う形式にしておきます。そちらに加えて、前月までに来月の実働時間の目安を求職者の方へ共有いただくようおねが…
この記事を読む >
株式会社ビジネスバンクグループALL-IN事業部成田様に、コデアル株式会社CEOの愛宕よりインタビューさせていただきました。 ビジネスバンクグループのALL-IN 愛宕 最初に、御社の事業内容について教えてください。 成田 弊社は2017年の2月7日で設立から20年に…
この記事を読む >
A. 限定公開のステータスの求人案件に対して、求職者は応募することができます。ただし、限定公開ステータスの求人案件は、検索エンジンには引っかかりません。求人案件のURLを知っている人のみがその求人案件情報を見ることができます。
この記事を読む >
基本情報 男性 コデアル経由での仕事の他、計4つの副業を掛け持ち コデアル経由で参画している会社で採用を担当している Qどのように時間を使っていますか? 現在、4つの業務を掛け持ちしています。まず最初にメインの業務を決め、その後、あいた…
この記事を読む >
A. まず一緒に業務委託契約で働いてみて、その結果業務委託契約を継続、もしくは正社員雇用契約に切り替えていくという新しい採用手法です。 面接する、ランチすることでは、開発現場の仕事は終わりません。むしろ採用活動で、開発現場の仕事の時間は奪われてしまいま…
この記事を読む >
A. 指定することはできません。トライアルプランでご利用いただいている企業様に関しては、30日無料利用期間後、そのまま有料の年間掲載契約に切り替えていただく形になります。
この記事を読む >
A. 継続利用の手続きの期限は、契約終了日の30日前になります。
この記事を読む >
Previous
Next
カテゴリ